プロフィール -PROFILE -


三木サトル [ Satoru Miki ]


東京都大田区出身のオーボエプレイヤー。

 

武蔵野音楽大学のオーボエ専攻を卒業。オーボエを北島 章氏に師事。

オーボエとオーボエ・ダモーレの2種類の楽器を使い分けて演奏している。

クラシックだけでなく、ポップスやジャズ、フュージョンも演奏する。

 

2015年2月からソロ活動を開始。フルート奏者の河野 聖之とパフォーマンスユニット「染井吉野」の活動も開始する。

ライブハウスだけでなく、ショッピングモールや福祉施設等、幅広く活動を始める。

 

2015年9月、綾部健三郎氏をプロデュースに加え、オーボエ・ダモーレによるオリジナル楽曲「黄色い花」をiTunesにて全国配信。

2015年12月、初のワンマンライブを大田区民プラザで行う。

 

2016年7月、大田区民プラザでサマーコンサートを企画し、150人の満席で終える。

2017年1月、マリンバ・パーカッション奏者の齊藤珠希とユニット「Marono'amore」を結成する。

 

2017年9月、大田区民プラザの大ホールで「三木サトルANNIVERSARY LIVE2017」を企画。

約220名ものご来場の中、終了する。


三木サトルの使用楽器

【オーボエ】

木管楽器の一つで、上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の楽器である。

 

【オーボエ・ダモーレ】

オーボエ属に分類されるダブルリードの木管楽器の一種。音域は、オーボエよりも低い。「ダモーレ」とはイタリア語で、直訳すると「愛」の意。